スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

次郎長親分

「清水の次郎長」といえば幕末、東海はもとよりその暴れん坊ぶりで全国にその名を轟かせた世紀の大親分。

20歳の頃から遊侠の世界に身を投じ喧嘩や博打に明け暮れた。


ここで次郎長の博才をひとつご紹介。


次郎長が15歳の時、江戸に出て一旗あげようと、家の金を持ち出しその内の百五十両を、裏庭の木の根に埋め旅に出るがすぐに三島の宿で捕まってしまった。

次郎長は百五十両も足りないことに怒った叔父・次郎八から勘当される。

そこで、次郎長は捕まることを計算し、埋めておいた金を持ち、今度は東の江戸ではなく西の浜松に向かった。

時は天保飢饉、米の値段は連日高騰をつづけていた。

そこに目をつけた次郎長は、父親の代理と名乗って米を買い付け米相場で大儲け。

大金を手に清水に戻った次郎長は、金を返し勘当を許してもらったのであった。

ここに、状況判断と予測に長け、先見性を持つのちの大親分・清水次郎長という人物の器が見えるのである。 


勝負強かった次郎長にあやかろうと次郎長の子分、「吉良の仁吉」や「森の石松」の墓石は全国から訪れたギャンブラーにお守りとして今もけずりとられている。

仁吉の眠る源徳寺(愛知県吉良町横須賀)では墓石のかけらを「かち勝石」として売っている。  

【勝運度】
大親分に敬意を表して
★★★★☆

kachi.jpg

スポンサーサイト
[ 2009/09/18 08:32 ] ギャンブル | TB(0) | CM(2)

験かつぎ


「験(げん)をかつぐ」とは、以前に良い結果が出た行為と同じことをして、前途の吉兆をおしはかること。

験を担ぐは本来「縁起をかつぐ」で、「縁起」が反転し音韻変化したとする説が有力とされる。

この「げん」は、「げんがいい」「げんなおし」などとも使われる。

また、「験(げん)」には「仏道修行を積んだ効果」の意味や、「効き目」「効果」などの意味があり、「縁起」を意味する「げん」と関係があるとも考えられている。

ただし、「効果」などを意味する「げん」は平安期、「縁起」を意味する「げん」は近世以降で、やくざ用語による用法とされる。


F3.gif
大黒天
印度の神様で有福を示し、有徳、
財宝、闘戦の神様で、二俵の米俵
に立ち糧食を司る神様。
[ 2009/09/10 18:18 ] ギャンブル | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。